絞り込み

最新の投稿

ガジェット/ハードウェア Polygon
ガジェット/ハードウェア

Surface Pro×Androidを試したお話2

前回はSurface ProへのAndroid-x86の導入契機と動作状況について説明した.今回は,Android-x86におけるゲームの起動を試す.もちろんこれはGoogleが推奨しているものではないため,すべてのゲームが起動するわけではない. Android OS向けのアプリではIntel x86アーキテクチャやAMD64アーキテクチャで動作しないものがある.Android OSの多くはARMアーキテクチャの端末に搭載されるため,アプリ側もこれを前提としているのである.Android-x86にはIntel x86やAMD64アーキテクチャ上でARMアーキテクチャ向けのアプリの動作を可能にするために,Houdiniと言われている変換プログラムを利用したnative bridgeという機能がある.これを用いてIntel x86及びAMD64アーキテクチャ上でARMアプリをエミュレートすることが出来る. なお設定アプリからnative bridgeのトグルスイッチをONにすれば自動で有効になるはずなのだが,仕様変更に伴いhttpからのファイルのダウンロードが行われないようになったため,手動で行う必要がある.この操作にはroot権限を要するため,予めAndroid-x86をroot化してインストールする必要がある.Android-x86にはターミナルエミュレータがインストールされているため,これを用いてシステムの中枢部にアクセスする. Android-x86 9.0-r2の場合は,まず設定アプリからEnable native bridgeのトグルスイッチをONにしてから, ターミナルエミュレータで次のように実行して,ファイルダウンロードのためのリンクを見ておく.cat /system/bin/enable_nativebridge | grep -F urls[4]ここで次のurls[4]を先程のコマンドで出力されたリンクに変えて1行ずつ実行する.su cd /data/arm wget urls[4] -cO houdini9_y.sfssuはroot権限に昇格するコマンドなので,root化されていない場合は実行できない.受信完了後に再起動しておく. Play Storeからゲームをインストールすれば起動可能になっているはずである.筆者はデレステことアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージと,ミリシタことアイドルマスターミリオンライブシアターデイズをプレイしている.ストレージにはSSDが搭載されているため,アプリ内の移動も高速で満足している.なお3Dレンダリングを行うと発熱して,バッテリーの減りが早くなる.本来そのような用途を想定していないため,オーバーヒートしないだけマシだと考えよう. 動画1 Surface Pro 2のAndroid-x86上で動作するデレステ なお,ゲームアプリ「VIVACE」の開発にはAndroid-x86を搭載したSurface Pro 2を使用していた.PCのCPUはスマホのSoCより性能が良いため,肝心のAndroidスマホでは重すぎて動かなかったという笑い話がある. 動画2 ゲーム「VIVACE」 さて,ここまで2回に渡ってSurface Pro×Androidのお話をしてきた.筆者はSurface Pro 2とSurface Pro 3(i7モデル)でしか動作確認できていない.Surface Pro 4以降においては軒並みタッチパネルが反応しなかった.対応するカーネルでAndroid-x86を起動できれば使用可能かもしれない. もしこのシリーズが続けば,次回は実際のAndroid-x86のインストールを紹介しようと思う.

> 内容を見る

ガジェット/ハードウェア Polygon
ガジェット/ハードウェア

Surface Pro×Androidを試したお話1

Microsoft Corporationが2013年前後から展開し始めたWindows搭載タブレットとして有名なSurface Proシリーズ,当時はIntel Core i5やIntel Core i7搭載の高性能タブレットとしては唯一な選択肢と言えるほどであった.そんなSurfaceシリーズだが,現在は高性能な2-in-1 コンピュータも多くなり,あまり活用価値がないのではないかと思われる方も一定数いると思う.Windowsは現在の高性能な2-in-1 コンピュータでも使えるため,古いSurface Proの新たな活用法を考えることにした.それはSurface×Androidである. ところで,皆さんはOSという言葉を知っているだろうか?OSとはOperating System,基本ソフトウェアのことで,ハードウェアとソフトウェアのやり取りを行い,コンピュータの動作を陰で支えている存在で,オフィスソフトやWebブラウザなどの応用ソフトウェアが動くために不可欠な存在である.OSが入っていなければ,コンピュータの電源を入れても画面は真っ暗なままである(か,BIOSの画面が表示される). Surface ProシリーズにはWindows OSが標準で入っているが,これを書き換えて他のOSを走行させることも出来る.OSの基本構造はどのOSにも共通するため,Unix派生のOSであるLinuxはもちろんのこと,Androidスマホで走行するAndroid OSも理論的には走らせることが出来る.AndroidはFreeBSD系だが,これもまたUnix派生のOSである. ここでOSが走行可能なハードウェア要件について定義しておく.コンピュータアーキテクチャと呼ばれるものである.コンピュータにはCPUという処理パーツが内蔵されているが,このCPUが実行する命令の種類を定義しているものが,コンピュータアーキテクチャである.CPUのアーキテクチャが異なれば実行する命令も異なるため,互換性がない.IntelのCPUはx86,AMD64というアーキテクチャである.Android OSは実はARMというアーキテクチャでの走行を前提にしているため,素のままではSurface Proシリーズで走行しない.Android OSはオープンソースのため,その中身を改造することができる.これにより生まれたプロジェクト,Android-x86プロジェクトがある.このプロジェクトはAndroid OSをx86,AMD64などの本来対応していないアーキテクチャのコンピュータで走行させることを目的としているプロジェクトである. ここでは,実際にAndroid-x86をSurfaceに導入した感想を述べる.なお,OSの書き換えにはデータ消失の危険が伴うため,十分注意して欲しい.データ損失などのいかなる被害に関しても,筆者は責任を取ることができない.まず,Surface Proの中でも導入可能環境が限られていた.Surface Pro 3よりも前でないとAndroid-x86でタッチパネルが動作しなかったため,Surface Pro 4以降ではカーネルを変えてみる必要性があるだろう. Surface Pro 3以前ではWindows OSと遜色なく動作し,音量ボタンやWindowsボタンなどがすべて正常に動作していた.問題はたまにWi-Fiが反応しなくなることであるが,再起動などで解決するので使えないわけではない.Google Playストアからゲームアプリなどをインストールしてみたが,中にはARMアーキテクチャでしか起動しないゲームもあるため,すべてのゲームがプレイできるわけではない.ゲームなどのアプリ起動に関しては,次回触れるつもりである.

> 内容を見る